こんな 夜更け に バナナ かよ あらすじ ネタバレ。 映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』評価は?ネタバレ感想考察あらすじ/ラストで夢かなうか?三角関係の結果は?

57

「鹿野は24時間、他人の介助なしには生きていけない。

一方、田中は家で問題を抱えていました。

鹿野は42歳でこの世を去りました。

ボランティアも様々な人がいて、初心者からベテランまで性格も性別も様々です。

つきあわされる側からすれば、なにを考えているのかわからない、もっと「自分」を出してくれと感じるかもしれません。

94
2018年12月28日より全国で劇場公開され、公開直後からメディアでも話題となった映画『こんな夜更けにバナナかよ~愛しき実話~』。 2018年公開の映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』のネタバレあらすじ感想。 そこで美咲は自分の受験の時の間に合わなかった失敗談を話して二人で笑いあった。 苦しんでいる人に何も出来ない無力さ。 — shihoo shihoogi 『恋に落ちたシェークスピア』の千秋楽を見に行ってた友達と『こんな夜更けにバナナかよ』を見て感動して帰ってきました? 鹿野は「おしゃべり、わがまま、自由すぎ」で、深夜2時の夜更けに「バナナ」を食べたいと言い出し、美咲は駆けずり回ってやっと1本だけ買って帰り、怖い顔でテーブルにたたきつけます。 ボランティアの方も、彼のたくましさや強さを大いに学びながら、お互いがお互いを支え合って生きていきます。 美咲はもちろん断ろうとします。 そこに美咲が入ってきて三人で色々話しているうちに、三咲と田中はお互いに自分の心に正直になっていきました。 そして、鹿野のアドバイスもあり、二人は良いムードになるのでした。 どんな目線になるのかな? 自分に素直で、だれとも対等に向き合い、生きているうちにどうしても叶えたい夢がある鹿野。