Velbon 三脚。 ベルボン三脚講座mini その1 「雲台の取り外しについて」 【公式】ベルボン・ダイレクト|ベルボン部品販売

Z1+には無い波紋のようなデザインを施したのは、設計者の後ろめたさなのかもしれません。 頑なに自社クイックシューにこだわり続け、かつての携帯電話よろしくガラパゴス化していた日本三脚メーカーの雄「Velbon(ベルボン)」でしたが、ここにきてようやく本格的なアルカスイス互換雲台の発売となりました。 アルマイトもザラッとした質感で、高級感はありませんしね。 やはり操作性もボールの滑らかさも及びませんし、デザインの格好良さや所有満足度もそんなに高くありません。 一般的な自由雲台を付けた状態で収納できます。 肩がけストラップ以外に、混雑する電車やバス内等で邪魔になりにくい「縦持ち」が可能なハンドル付きです。 しっかりしたメーカーがコラボしているだけのことはあって、 アイテムとして非常にしっかりとした作りになっています。 アルカスイス互換のクイックシューシステムであること。 付属品 箱は相変わらずの色気の無さです。
26
Z6用のプレートでは若干緩かったのですが、この付属プレートではキツすぎず緩すぎず、ちょうど良いアリガタのサイズとなっています 実用性の高いダブルファスナーを採用
直径16mmでそこそこ扱いやすい形状です そういうロードマップがあるとユーザーが増えそうな気がします
コーティングで誤魔化したような滑らかさではなく、切削精度で滑らかさを実現しているので、良質な操作性は長期間持続してくれそうな気がします それ以外にも取り外しのできない例外もありますので、各メーカーへ型番を伝え雲台取り外しの不可を確認するのが一番確実です
かなり意識したのだと思います これは分かりやすくて良いと思います
締め込むには指の腹まで使ってギュッと握り込んで回す必要があります 肩がけストラップ以外に縦持ちが可能なハンドル付き
57