俺ガイル ss 陽乃。 『俺ガイル』雪ノ下陽乃がヒロインのおすすめ八陽SS・二次小説作品まとめ

嫌なの?」 八幡「いーや 高校の時の文化祭とかもそうだけどね
お姉さんにそんな冷たい態度取るなんて駄目だぞー」ギュー 八幡「……は、陽乃さん 55 その頃八幡は… 教室 八幡「材木座あああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」ガララララ 材木座「ど、どうしたのだはちまn 八幡「天使をよくも汚したなあぁぁ!!」 材木座「え?」 その瞬間、材木座は飛んだ それは芸術と言ってもいいというくらい美しかった 材木座への最後の情けと言わんばかりに、 八幡は材木座を殴ったのだ 八幡「ごふぅぅ…. 私が誘って素直に来たことないくせに」 八幡「そうでしたっけ?」 陽乃「ふふっ」 八幡「……」 陽乃「……それで?」 八幡「?」 陽乃「何のためにお父さんの事務所に行ったのかなぁ?」 八幡「……なんのことですかね?」 陽乃「こら」 八幡「……別になんでもないですよ?」 八幡「ただ、久しぶりに呼ばれたから顔を出しただけですよ」 陽乃「……また無茶したんでしょ?」 八幡「してないですよ」 陽乃「……バカ」 八幡「本当に大丈夫です」 陽乃「八幡がそう言うなら今はそういうことにしとくよ」 八幡「ええ」 陽乃「……」パクッ 陽乃「……んー!パフェおいしい!」 八幡「そうですか」 陽乃「はい
だから、私とずっと一緒にいて下さい」 「空気を読む、周りに合わせるだけが取り柄なあたしでも誰にも譲れないものがあるの!…ゆきのんよりもヒッキーの事が好き 俺の分の仕事は終わったし、俺帰るわ……」ガタッ いろは「まだ、話は終わってません……よ!」グイッ 一色に思い切り引っ張られたために床に後頭部を強く打った
片付けをしたら私たちも帰りましょうか」 「うん、そうだね」 八幡「あー…誰か平塚先生を連れてってくれる奴いねーか 特に悪い用事で帰る訳じゃないから」 八幡「……そうですか」 陽乃「うん
やはりこんな壁ドンは間違っている それは陽乃が君に言ったのか?」 八幡「……」 「やはり君は娘たちに信頼されてるようだ
64 33
いってよし」 雪乃「……」テクテク 陽乃「私も寝癖治してー?」 八幡「陽乃さんは寝癖ついてないですよ」 陽乃「ちぇー」 八幡「ほら、ご飯食べましょう。 ま、それはともかく折角温泉に来たんだし早く温泉入ろう!」 八幡「そうですね。 おはよう八幡」 八幡「重いです……どいてください」 陽乃「ひっどーい!男なら女の子の一人ぐらい片手で持ち上げないとだよ!」 八幡「どんな化物ですかそれは……」 陽乃「へ?私八幡なら片手で持ち上げれるよ?」キョトン 八幡「……え」 陽乃「……プ」 八幡「……はぁー」 陽乃「ごめんごめん。 なので俺ガイルメンバーはあまり登場しないと思われます。 あれだけ働かないと喚いてた割にきっちり働くんだから」 八幡「お義父さんがいますからね. 頭が回って結構。 . 50 陽乃「いやー。 せめてもの反抗として俺はそっぽを向いた。
64