Zoom ホスト。 「Zoom」でホストを務めるなら最初に知っておきたい5つのテク

zoomのミーティングをあらかじめ設定しておくには、「」というページから詳細を設定します。
PCで参加者にミーティングを知らせる方法1 招待したい参加者の連絡先をすでに登録済みの場合は、名前が表示されるためそちらをクリックします。 というページに遷移しますが、「手順をスキップする」でスキップして構いません。 定期ミーティング:1回のみの講演は不要。 ホスト変更のホストキーでは、1人しかホストとして動くことができない ただし、共同ホストに指名をすれば、同時に何人ものホストをZoomミーティング内に置くことが可能• こちらにご自身の生年月日を入力し、「続ける」をクリックします。 現在加入中のプランが表示されている右端にある「追加」をクリック。 「画面を共有」をクリックすれば、ウィンドウの選択画面が開く。 Zoomミーティングを開催する場合には、円滑に進行されていたミーティングを中断してしまわないように 、スムーズにホスト変更が行えるようにしておきましょう。

セキュリティーを高くする必要がなければ、「0000」などの簡単なパスコードを設定しておく方が、参加者にとっても入力が楽です。

そこにアクセスすると必須である名前とメールアドレスの他、ホストがあらかじめ設定した項目の 入力を求めることができます。

待機室を有効化 「待機室を有効にする」にチェックを入れると、ミーティング開始時に参加者が参加しようとすると一旦待機室という場所に入ります。

またミーティングを録画した場合、Zoomのクラウド内に保存可能になるためパソコンのメモリを圧迫しません。

それどころか、標準よりも人物の手なども判別できるようになり、きれいに合成できる。

3