武漢 市場 野生 動物。 新型肺炎、食用ネズミ感染源か 野生動物売買、対応に苦慮

ある店主の情報によれば、東ブロックで1週間ほど前に発熱やせきなどの症状がある患者が出て、病院へ送られ、隔離された。

4
「MAPMI」とはマイクロRNAの解析のことらしい。 南部に位置する広西チワン族自治区出身の24歳の女子学生は、家族とともに定期的にレストランへ行き、野生動物の料理を食べていると話す。 武漢市衛生健康委員会の発表が12月31日の13時38分でしたが、澎湃新聞の記者は31日の昼には既に華南海鮮城に取材していたのです。 ほとんどの感染者が湖北省武漢市内から発生したという。 その内、7名が重篤で、2名は近い内に退院の見通し。 だが、合法/違法の区別は曖昧だ。 全くの新型なのか、情報公開できない事情があるのか…というのが、今回の気になるポイントです。 ウイルスの中間宿主になるとされるミンクやハクビシンがいたが、コウモリやセンザンコウはいなかった。 2月17日、中国の警察はこの2週間、国内の住宅、飲食店、露天市場の取締りを続け、700人近くを逮捕した。 既に4日経ってしまいましたけど、1月4日の時点で、この情報が台湾側にリークされていた…というのはかなり早いです。
76
この市場では、コウモリや蛇、ジャコウネコなどの野生動物が販売されていた。 また『CNET』によると、今月9日に死亡した初の感染者である61歳の男性は、市内の海鮮市場の常連だったことが分かっている。 SARSのときは広州市の市場にいた食用のジャコウネコ科の動物が要因とされたが、家畜として飼育されている同種の動物はそのウイルスを持っていなかった。 だから今後、武漢肺炎の最新情報については、台湾側から漏れてくる情報が見逃せない…と思ったのでした。 武漢から北京までは1047km• スーパーマーケットがウズラの卵を仕入れてくれなくなったが、卵を冷凍してしまえば食品としては使えないからだ。 李文亮氏の専門は眼科でも、伝染病関連の患者の情報にアクセスできるのか?• にもなりましたが 現時点で、野生動物が感染源である、という確たる根拠はないにせよ、再び何らかの感染爆発が起きないわけでもないので、注意したいものではあります。 そんな状況で安心仕切った国民は以前のように、当たり前のように野生動物を販売しているとのこと。 また、国際ウイルス分類委員会(ICTV: International Committee on Taxonomy of Viruses)のコロナウイルス研究部会は、今まで暫定的に2019-nCovと呼ばれていた新型コロナウイルスの正式名称を「SARS-CoV-2(severe acute respiratory syndrome coronavirus 2)」と命名した。 CNNはこれらの映像が本物かどうか独自に確認できていない。 とのこと。
65