Teams 使い方。 【2021年最新版】Microsoft Teamsの使い方を徹底解説!

他社との連携のために新しいツールを導入するのはお互いに大変ですが、多くの企業はMicrosoft Officeを利用しているため、社外の担当者とのコミュニケーションツールとして導入しやすいという利点があります。 社内のチームやチャネルメンバー以外にも、 会議のリンクを送信することで簡単に招待を行うことができます。 Microsoft Office ユーザー向けの機能が豊富にある Teams 内で Office 365 のアプリを使用できます。 このコミュニケーション自体は、その場での確認だけで終わることもあります。 操作方法がとても簡単なので、一度使うと手離せなくなりそうです。 マイクアイコンをクリックして上のように斜め線が付くと カメラは無効状態になります。 その中に「非表示」という項目があるので選択すると、リストから消えて「非表示のチーム」の中に含まれます。 実際にコミュニケーションをとる テキストチャットの実施 テキストチャットは、1対1はもちろん、チーム全体で行うこともできます。 「@チーム名+メッセージ」や「@チャネル+メッセージ」によって、選び出したメンバーにも送ることができます。 利用方法を選択して 次へをクリックします。
48
主な機能 Teamsの主な機能は以下の3つになります また働き方改革や働く女性や男性の育児休暇の推進など、勤務環境の整備は企業にとっても無視できない問題になってきました
重要な情報や不具合状況をデスクトップ画面そのままの状態で伝えることができます Teamsで画面共有できるコンテンツ4種類 Teams会議で画面共有できるコンテンツは以下の4種類があります
タイトルやビデオの使用など必要事項を設定します 機能9:外出先からでもOK!「電話会議機能」 Teamsの「電話会議機能」は、ダイヤルイン番号を使用する会議です
こうして比べてみると、 「Microsoft Teams」が全体的に高スペックであり、拡張性が高いことが分かります チャット画面は個人間やチーム・チャネルでのチャット履歴を確認する画面
まとめ 電話とメールの中間に位置するチャットを中心に、社内のITを統制し、生産性を向上させることができるTeams 1つはビデオから始める会議です
Skype for Business を導入している企業は、Microsoft Teams への移行がおすすめ Skype for Business は、2021年にサービスが終了すると発表されています 「メンバーを追加」や「チームから脱退」などの項目で、メンバーを追加したり削除したりが可能です
22

これまでは、マウスを動かすと画面中央下にメニューが表示されるようになっていましたが、右上に固定されて表示されるようになっています。

ぜひご活用ください。

チームという場所では広すぎる場合などで、より細かく分けた場所をチャネルと呼んでいます。

まとめ ビデオ会議を提供するサービスの1つとしてTeamsをご紹介しました。

利用する場所に合わせてアプリを使い分けるのも、teamsを使いこなすポイントです。

参加者を確認してから 参加者の名前の右をクリックすることで許可することも可能です。

そのため、カスタマイズすればホワイトボードなどの便利な機能も使うことができるようになります。

マイクロソフトはそれらの課題を解決するために次々と便利な追加機能を開発、提供しています。