大阪 緊急 事態 宣言 解除。 大阪府「緊急事態宣言の再延長」要請へ 百貨店などへの対応は今週中に再度検討

現在は連休中の数字が反映されており、今週末以降の陽性者数が注目される。 東京医療保健大の菅原えりさ教授(感染制御学)は「東京は急拡大はしなかったものの、高止まりが続いている。 休憩室や更衣室に入るときなど、居場所が切り替わる場面でも感染リスクが高まるんだそう。 2%です。 そして兵庫県と京都府の判断を待ったうえで来週中に3府県の知事による会議を行って、国に要請したいという考えを示しました。 飲食店に対する時短営業の要請を、大阪市内の飲食店に絞り来月1日から3週間延長することを決めました。 その噂が流れ始めた頃から、一気に街に人がいなくなった気がします。 4日は新たに884人の感染を確認。
60 94
吉村知事は記者団に「(宣言解除を)要請する場合でも、まん延防止等重点措置に指定されるように要請し、社会経済活動と感染症対策との両立を模索する」と話した 東京都や大阪府の新型コロナウイルスの新規感染者は前週比で減少傾向が続いている
連休明けの6日か7日に対策本部会議を開き、府としての方針を決定する 一方、現状で感染者数は減少傾向にあり、府庁内では対策の一部を緩和する案も浮上している
福岡県保健医療介護部の飯田幸生部長は、記者会見で「病床の使用率も近日中に50%を下回ることが視野に入ってくる (街の人) 「接客業なのですごく影響を受ける
事業者の負担は大きく、府は大型施設の時短営業要請への切り替えや、イベント開催の制限緩和を検討する また吉村知事は、現在夜8時までとしている飲食店などへの営業時間短縮の要請について「仮に今月末で宣言が解除になってもリバウンドを防ぐため少しずつ解除していきたい
期間は23日から6月20日までとする方針 大阪府 【大阪府の緊急事態宣言】 1回目 2020年4月7日〜2020年5月21日 2回目 2021年1月13日〜2021年2月28日 続いて大阪府の状況です
大阪府では特に、行動範囲が広い若い世代の感染者数が増えているようです 新規感染者数の高止まり傾向と医療体制の逼迫(ひっぱく)が続いていることが理由
気温が高くなってきたこと、また年度末であることもあり、会食や人が移動する機会が増えているのが増加の一因かもしれません さらに宣言が解除された場合でも、感染拡大を防ぐためには飲食店などへの営業時間短縮の要請などは、段階的に解除していく必要があるとして、今後の措置の検討を急ぐ方針も確認しました
66