大日本帝国憲法と日本国憲法の違い。 大日本帝国憲法と日本国憲法の違いを解説!

したがって、憲法の改正も天皇の発議により議会が議決するという決まりでした。

学校でも詳しく教えてもらえなかったという人は多いでしょう。

それは、 「憲法は、国民が国家 (権力)に対して、発した法律」であるということです。

天皇や政府の力が強く、第2次世界大戦に直面すると国家権力は暴走し、戦争に突き進んでしまった。

このように、憲法に書かれていることを守っていない法律は廃止しなければなりません。

大日本帝国憲法 日本国憲法 公布日 1889年2月11日 1946年11月3日 施行日 1890年11月29日 1947年5月3日 主権者 天皇 国民 軍隊 天皇直接率いる。

臣民(国民)に徴兵の義務あり。

(対義語としては『人(王・皇帝)による支配』があります) 大日本帝国憲法の発布は、 1 対外的には近代国家としての法治国家・立憲体制の確立をアピールする 2 国内的には、維新以来の「天皇中心の中央集権国家」の建設(この時点では、まだ『人による支配』)を、憲法として法制度的に確立する(法による支配) 言い換えれば自由党(系)が主張する国民(人民)主権論にトドメをさす、という意義があったといえるでしょう。

>発布後は「天皇主権」を宣言しているようですが、明治維新後の 「天皇中心の中央集権国家」とは、どう違うのでしょうか。

それが、日本初の憲法: 大日本帝国憲法 です 日本では教育上触れてはならない、考えてもいけない、というほど悪者扱いをされてきたのです
GHQは自ら憲法を試作し、それを元に憲法を制定するように日本政府に迫りました 明治憲法は決して民主的な憲法ではありません
その一方で、第4条には「天皇は、統治権の総攬者」であるとも定められています 貴族院は特権階級の代表、国政調査権はない
そこで困ったのは、作成を命じられた日本政府 これを 自衛権と言いますが、これによって日本は平和憲法なのに自衛隊と言う軍隊に準ずるものが存在する事になりました
この反省から、より適切に国家権力をコントロールできるように制定されたのが日本国憲法だ 憲法第9条の戦争放棄の解釈に限らず、人権の問題など今の時代にはそぐわない内容が多々出てきているのが事実です
10