上 福岡 総合 病院。 福岡市の総合診療科を開設している病院 37件 【病院なび】

輸血を行う必要がない治療等に関しては、最善を尽くした医療を行います。

理事長・院長、東京女子医大非常勤講師、埼玉医科大学非常勤講師 井上 達夫(イノウエ タツオ) 外科系、外科、消化器外科、内視鏡外科、肛門外科、皮膚科、内視鏡治療センター、ソケイヘルニア外来、内痔核外来 認定資格 医学博士 日本外科学会外科指導医・専門医 日本消化器外科学会消化器外科指導医・専門医 日本消化器内視鏡学会専門医 日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医 暫定教育医 日本臨床腫瘍学会 暫定指導医 日本医師会認定 産業医 労働安全衛生コンサルタント 東入間警察署 監察医 健康管理医 肢体不自由指定医(身体障害者福祉法第15条) 腎臓機能障害指定医(身体障害者福祉法第15条) ぼうこう・直腸・小腸機能障害指定医(身体障害者福祉法第15条) マンモグラフィ読影医 名誉院長 大杉 治司(オオスギ ハルシ) 外科系、外科、消化器外科、内視鏡外科、肛門外科、内視鏡治療センター、ソケイヘルニア外来、内痔核外来 所属など 日本外科学会(特別会員・元評議員) 日本消化器外科学会(特別会員・元評議員) 日本胸部外科学会(名誉会員・元理事・元評議員) 日本食道学会 名誉会員・元会長・元理事・元評議員) 日本内視鏡外科学会 特別会員・元評議員・元技術評価委員) 日本気管食道科学会(元理事・元評議員) 日本臨床外科学会 元評議員) 日本癌治療学会(元評議員) 小切開・鏡視外科学会 評議員) 日本消化器内視鏡学会 日本消化管会 元評議員) 日本消化器病学会 国際食道疾患会議 NPO法人国際食道疾患会議(理事) 関西胸部外科学会(名誉会員・元理事・元評議員) 近畿外科学会 評議員) 食道内視鏡外科研究会 名誉幹事) 日本外科系連合学会(功労会員) 認定資格 医学博士 日本外科学会指導医・専門医 日本消化器外科学会指導医・専門医 日本胸部外科学会指導医 日本食道学会 食道科認定医・食道外科専門医 日本内視鏡外科学会技術認定医 日本気管食道科学会専門医 日本消化器内視鏡学会指導医 日本消化管学会胃腸科専門医・指導医 日本がん治療認定医機構がん治療認定医 ぼうこう・直腸・小腸機能障害指定 指定審査医 日本医療安全調査機構評価委員 ベストドクターネットワーク 優秀専門臨床医 外科部長、埼玉医科大学非常勤講師 須藤 泰裕(スドウ ヤスヒロ) 外科系、外科、消化器外科、内視鏡外科、肛門外科、内視鏡治療センター、ソケイヘルニア外来、内痔核外来 所属など 日本外科学会 日本内視鏡外科学会(評議員) 日本臨床外科学会(評議員) 日本消化器外科学会 日本胃癌学会 日本腹部救急医学会 日本癌治療学会 日本大腸肛門病学会 日本静脈学会 認定資格 医学博士 日本外科学会指導医・専門医 日本消化器外科学会指導医・専門医 日本内視鏡外科学会・技術認定医 日本がん治療認定医機構がん治療認定医 消化器がん外科治療認定医 ぼうこう・直腸・小腸機能障害指定医(身体障害者福祉法第15条) マンモグラフィ読影医(AS) 外科副部長・内視鏡治療センター センター長 松下 典正(マツシタ ノリマサ) 外科系、外科、消化器外科、内視鏡外科、肛門外科、内視鏡治療センター、ソケイヘルニア外来、内痔核外来 所属など 日本臨床外科学会(評議員) 日本外科学会 日本消化器外科学会 日本内視鏡外科学会 日本消化器内視鏡学会 日本消化器病学会 日本大腸肛門病学会 日本消化器がん検診学会 認定資格 医学博士 日本外科学会指導医・専門医・認定医 日本消化器外科学会指導医・専門医 日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医 日本消化器内視鏡学会指導医・専門医 日本消化器病学会指導医・専門医 日本大腸肛門病学会指導医・専門医 日本がん治療認定医機構がん治療認定医 日本医師会認定産業医 ALTA療法認定医 ぼうこう・直腸・小腸機能障害指定医(身体障害者福祉法第15条) 難病指定医 アメリカH. どうぞよろしくお願いいたします。

医療を通して人々が幸せで明るく楽しく過ごせる地域になるように努力し、地域のかかりつけ医として幅広い世代の方が来院しやすい場所作りを目指します。

宗教上の理由で輸血拒否をされる患者様に対して、そのことを理由に診療拒否は 致しません。

苦しくない内視鏡や、逆流性食道炎・胃炎 ピロリ菌 ・血便・便潜血便秘など胃腸疾患はもちろん、内科専門医として高血圧・脂質異常・糖尿病高尿酸血症などの生活習慣病の治療を通じて信頼されるかかりつけ医になれるよう努力してまいります。

カメラは一般的な検査になってまいりましたが、施設により玉石混交の面もございます。

原則として、輸血を必要とする治療、検査が行われる可能性のある場合は、転院を お薦めする場合もあります。

診療の他には近隣小学校の学校医の業務、地域の中小企業の検診もありました。

34 54