アーセナル 対 ベンフィカ。 ジルー復活!アーセナル 対 ベンフィカ【2017エミレーツカップ】

88
アウェイゴールの差でリードを許していたが、最後はサカのクロスにオーバメヤンが頭で合わせ、ゴールネットを揺らした。 1940年代には、プリメイラ・ジヴィゾン で3回(1941-42、42-43、44-45)優勝し、タッサ・デ・ポルトガルで4回(1939-40、42-43、43-44、47-48)優勝。 2007• 両チームの二次配置 アーセナルのボール保持時 アーセナルのボール保持時の配置 アーセナルのボール保持時のベンフィカの守備でまず光っていたのはアンカー脇ががら空きだったという 1stレグの際の問題点の修正を試みた点です。 1961-62シーズンのUEFAチャンピオンズカップでは1回戦で(オーストリア)、準々決勝で(ドイツ)、準決勝で(イングランド)を破り、2シーズン連続で決勝に進出。 今大会はグループステージ6試合で6得点を記録し、決勝トーナメント進出に大きく貢献した。 アーセナルはUEFAヨーロッパリーグのグループステージにおいて6戦全勝により首位通過を果たしている一方で、ベンフィカは3勝3分でグラスゴー・レンジャーズに首位を明け渡し2位でノックアウトステージに進出。 だが、ルイス・フェリペ・ヴィエイラ会長は指揮官への信頼を強調している。 UEFAカップではラウンド16で(スペイン)に敗れ、カマーチョ監督はその数日後に辞任した。 1986-87シーズンには9度目のダブル(2冠)を達成したが、これが今日に至るまでの最後のダブルである。
34

タッサ・リベイロ・ドス・レイス : 3回• ラテン・カップはスペイン、フランス、イタリア、ポルトガルの各国優勝クラブが争った大会であり、当時のヨーロッパでもっとも権威ある国際カップ戦だった。

ベンフィカのボール保持時 ベンフィカのボール保持時 ベンフィカのビルドアップはヴァイグルとターラブトが低い位置、ピッツィはライン間に入り 3-4-1-2気味でビルドアップを開始していました。

1987-88シーズンと1989-90シーズンには決勝に進出したが、それぞれ(オランダ) とミランに敗れ 、欧州カップ戦の決勝では6連敗となった。

ST - 1978年 -• 発達期 1934年 - 1940年代 [ ] 1934年にポルトガルの全国リーグ()が開始されると、第1回大会の1934-35シーズンは優勝を逃したが、続く3シーズン(1935-36、36-37、37-38)に優勝した。

20得点を挙げたカルドソが2度目の得点王に輝いた。

プレミア [6月5日 10:48]• 手始めに元監督のを監督に招聘すると、やなどの実力者獲得に尽力した。

アーセナルはUEFAヨーロッパリーグのグループステージにおいて6戦全勝により首位通過を果たしている一方で、ベンフィカは3勝3分でグラスゴー・レンジャーズに首位を明け渡し2位でノックアウトステージに駒を進めている。

88