善逸 へきれきいっせん。 我妻 善逸(あがつま ぜんいつ)

(さっきの人面蜘蛛か!) その毒は蜘蛛になる毒で、四半刻後に、兄蜘蛛の奴隷になって地をはうんですって。 どのような仕組みかは不明です。 360度すべてから攻撃がくるので相手の動きも封じられますね。 金髪で、全般的に弱気な発言が目立つ。 雷の呼吸・弐の型 稲魂 いなだま 5連撃の斬撃が飛ぶ攻撃技• 弱音を吐いたり• 起きているときの彼に伝えられないのが、もったいないほどです。 しかし彼は、気絶すると自分が身につけた「雷の呼吸」の剣技で、一瞬にして鬼の首を両断します。 朝から晩までビービー泣いて恥ずかしくねえのかよって。 善逸の日輪刀の色は「 黄色」。 (さっきの宣言は、前フリか!) それに嫌いなんだよ!って。
11

善逸(ぜんいつ)が、おれ、じいちゃんが好きだよって言って、師範の顔が赤くなって照れてます。

(キメツ学園で生まれつきとか言ってたから、あれは別物ですね) 兄蜘蛛の説明不足にキレる善逸(ぜんいつ) 善逸(ぜんいつ)は、自分のことが好きじゃない、いつもちゃんとやらなきゃって思っているけど、おびえて逃げて泣いてしまう。

その「自分さえ良ければいい」という考え方が壱の型が使えない理由だと言っても過言ではないでしょう。

聚蚊成雷とは、中国の古事から来ていました。

炭次郎のやさしさ、伊之助の暴言 炭次郎たちのいるところまで、雷の落ちた音が響きました。

向かってきた善逸(ぜんいつ)に、兄蜘蛛が口から紫色の毒をはきました。

日輪刀で頚を斬ることで鬼を殺すことができる。

96