なぜ 今年 は 節分 が 2 月 2 日 な のか。 節分、来年は1日早く 124年ぶり2月2日 地球公転とのずれ原因

そして、2016年うるう年の翌年の2017年は1日早くなり2月3日01:13となります(本来うるう年は必要なくなりますが)。 「鬼は外〜、福は内〜」と言いながら福豆を巻いたり、恵方に向かって家族全員だまって恵方巻をもぐもぐするのは、子どもにとっても楽しい行事ですね。 [PR] 「鬼は外、福は内」のかけ声でをする節分が、今年は2月2日になります。 つまり、1年ごとに「365. 2021年は2月2日です。 節分いわしはなぜ飾るのでしょうか. 2.節分の日は、どう決まる? 「節分の日」は、「立春の日」の前日… 地球からの 見かけ上の太陽の通り道(黄道)から 季節が決まり、その通り道の位置(角度)から 「立春の日」が決まります。
68
年 立春(日本時間) 備考 1980年 2月4日22:09 うるう年 1981年 2月4日06:55 1982年 2月4日12:45 1983年 2月4日06:12 1984年 2月5日00:19 うるう年 1985年 2月4日06:12 1986年 2月4日12:08 1987年 2月4日17:52 1988年 2月4日23:43 うるう年 1989年 2月4日5:27 1990年 2月4日11:14 1991年 2月4日17:08 1992年 2月4日22:48 うるう年 1993年 2月4日04:37 1994年 2月4日10:31 1995年 2月4日16:13 1996年 2月4日22:08 うるう年 1997年 2月4日04:02 1998年 2月4日09:57 1999年 2月4日15:57 2000年 2月4日21:40 うるう年 2001年 2月4日03:29 2002年 2月4日09:24 2003年 2月4日15:05 2004年 2月4日20:56 うるう年 2005年 2月4日02:43 2006年 2月4日08:28 2007年 2月4日14:18 2008年 2月4日20:00 うるう年 2009年 2月4日01:50 2010年 2月4日07:48 2011年 2月4日13:33 2012年 2月4日19:22 うるう年 2013年 2月4日01:13 2014年 2月4日07:03 2015年 2月4日12:58 2016年 2月4日18:46 うるう年 2017年 2月4日00:34 2018年 2月4日06:28 2019年 2月4日12:14 2020年 2月4日18:03 うるう年 2021年 2月3日23:59 2022年 2月4日05:51 2023年 2月4日11:42 2024年 2月4日17:27 うるう年 2025年 2月3日23:10 2026年 2月4日05:02 2027年 2月4日10:46 2028年 2月4日16:30 うるう年 2029年 2月3日22:20 例えば、2010年では、2月4日07:48となります。 このうち春の始まりを表す立春の前日の節分は、をしたり、恵方(えほう)巻きを食べたりと特になじみが深いね。 子供の頃は数えて食べるのが楽しかったですが、年々数が増えて辛くなりますよね。 中でも春は一年の始まりとされていたため、立春の前日の節分はいわゆる「大みそか」にあたる日として重要視され、今では節分といえば立春の前日を指すことが多くなりました。 日本では、国立天文台が二十四節気が何月何日になるかを計算し、毎年2月に「暦要項」として翌年分を官報で公表している。 節分(せつぶん/せちぶん)は、各季節の始まりの日である『立春・立夏・立秋・立冬』 の前日をすべて『節分』といいます。 ちなみに立春の日が2月3日=節分が2月2日になるのは、明治30年(1897)2月2日以来124年ぶりとのこと。 そこで、これから始まる新しい1年の前に鬼を払い、不幸や災いのない一年になるようにとの願いを込めてこの時期に豆まきなどの節分が行われたのです。
52