我 が 子 を 食らう サトゥルヌス ゴヤ。 我が子を食らうサトゥルヌス

2021-07-16 21:54:25• 耳の聴こえなくなっていた晩年のゴヤが、別荘の壁に描いた『黒い絵』といわれる14枚のひとつです。 でも美術・芸術史はおもしろい世界なんで興味持ったら調べてみてください。 中野京子さん大ベストセラー『怖い絵』シリーズ。 『』 1609年-1610年• そして 「」さんという美術系ユーチューバーに出会い、初めて観たのがゴヤの紹介回でした。 今まさに食われている子どもは頭も腕も食いちぎられ完全に息が途絶えた状態です。 所有権がさまざま変更されたあと、家は1874年にベルギーのバロン・エミール・ダーランガーが所有することになった。 これは、ゴヤが 王室のリアルを描こうとした作品です。 話を先に進めると、クレタ島で密かに育てられた末っ子のゼウスは、大きくなってからクロノスにネクタールを飲ませ、兄姉たちの救出に成功します。 作品背景 晩年の連作「」の代表作で、本作が描かれたのはが病により聴覚を失った後、77歳の時である。
またゴヤ自身は40代後半に患った重病の後遺症で、聴覚を完全に失ってしまいました。 カラヴァッジョ「ホロフェネスの首を斬るユーディト」が殺した側からの視点で描いた作品だとするならば、こちらのボッティチェリ作品は殺された側から描いたものです。 『』 1632年• 2021-07-16 21:47:19• ここではサトゥルヌスは画面右端で、大鎌を持ち、雲に座って我が子を食らう姿が描かれている。 画家・ゴヤが気になっている 絵画に明るくありません。 ここで写実力を発揮せぬとも良いと思うのですが…しかし、そこがルーベンスの譲れない点だったのでしょう。 制作当時のゴヤは70歳過ぎという高齢で、また命を脅かす大病を患っており、 自身の死が間近だったことや、スペイン内乱が日増しに激しさを増していったことに対するゴヤの暗い気分を反映したものだという。 まぁ人の首を斬ることに慣れている女性がいたとしたら、それはそれで怖いのでこれくらいおさえ目の表現でも十分なのでしょう。 絵画の源泉 [ ] ガリレオ・ガリレイの1610年と1616年の土星の。 『』 1610年-1611年• 我が子とお寿司屋さんでマグロを食らうサトゥルヌス。 ルーベンスが描く子どもと異なり、頭がなく丸みのある尻と広い腰つきから、男性であるかどうかも疑問視している。
98