アニマル サポート 高知 家。 NPO法人アニマルサポート高知家さんのプロフィールページ

多頭飼育崩壊 ネグレクト 集団TNR これ以上不幸な命が増えないように避妊、去勢手術) 地域猫問題 ミルクボランティアの必要な乳飲み子の遺棄の保護 餌やりボランティアさんの高齢化 高知県は3人に1人が65歳以上の県です。

問題の芽が小さいうちに摘んでおけば。

NPO法人アニマルサポート高知家 人と動物が幸せに暮らせる社会。

高知市内で発生した多頭飼育崩壊の現場。

そしてより多くの方々に動物と暮らして頂く事を推進し犬や猫も社会の一員になる事を願っています。

女性の了解を得て屋内に入ると荒れ放題。

問い合わせは電話090・1323・9874へ。

犬15匹、猫20匹前後が参加予定。

アニサポは猫主体の愛護団体。

活動するほどに 困難と思われるような案件が持ち込まれる事が多くなりました。

高知県で保護犬猫の譲渡会を行っている団体です。

7

*保護犬・猫のお預かりはしていません。

犬はチワワやミニチュアピンシャー系雑種などで推定5~7歳。

施設や病院にお世話になる場合の愛犬愛猫の問題 高知県には動物愛護センターがありません 管理センターに入るという事は殺処分対象を意味します 動物の問題は人の問題です 継続的なご支援をよろしくお願いします• 金銭的支援について高知市生活食品課は「今回は行政としては全く介入してないスタンス。

アニマルサポート高知家の活動 NPO法人アニマルサポート高知家は 2019年6月に法人として活動を開始しました。

素人の捕獲は危険なため、動物シェルターを運営する高知市朝倉甲、アリスペットクリニックに協力要請。

悪環境にいただけに病気の犬もおり治療費が発生。

支援はできない代わり、ご自由にやってくださいという前提なので」と距離を置く。

ペットと暮らす環境を整える事が殺処分ゼロへの近道だと思っています。

夫の死後、関係者が高知市の高齢者支援センターに相談。

犬の爪は伸び放題。

悪臭が充満し、けたたましい鳴き声。