番長 3 ベル モード 移行。 押忍!番長3│設定6の見抜き方!滞在モード・移行率から徹底判別! │ スロットガーデン【攻略・天井狙い・期待値・解析】

規定ベル回数振り分け ベル 通常A 通常B チャンス 1回 0. 今回は押忍番長3のART中の解析をしていきたいと思います! なんといってもART中の流れを掴んでおくことは勝つ為には最重要レベルのことだと思います。
過度な期待はし過ぎずにホール状況を加味して、推測していくのがベストです 設定1と設定6を比較した場合は 約1. 正直モードだけで設定1・3・5どれかを見抜くのは難しいと思います
通常A・チャンス滞在時のチャンス移行率が設定5は若干高いくらいです 1% という違いで見ると、わかりやすいかと思います
今回の内容はモード移行率とベル回数振り分けについてです
4 このぐらいの確率差だと当選にムラがあるので、参考程度にカウントしていきましょう 番長3 朝一挙動 番長3で朝一に設定変更時と据え置き時の挙動は以下のようになっています
対決連チャン入っているのに離れるのはナンセンスです 通常A濃厚ゾーンのベル47で対決発展したの1度だけ…! なんという素晴らしいモード移行…!. 7回以内であれば対決連チャンモードだったと推測できますし、32回を超えるようだと通常Aにモード移行した可能性が高くなりますね
それ以外の規定ベル回数では10回や20回など通常Bだけが濃いゾーンを除いては通常A・通常B・チャンスのどのモードにいたかは推測が難しいです ベルカウンターでの対決 それでは各モードでのベル対決発展振り分けを見ていきましょう
なお、 MB中チェリーからの対決発展率には設定差が付けられていないため、混同しないように気をつけてくださいね 上記はから確認できる履歴です
41 25
通常A滞在率が極めて低い• それと、チャンスモード滞在時はほぼ32回までに対決に発展するため、32回を何度も超えてしまうようであれば必然的に設定6期待度は下がります 通常時モード別対決間天井 モード 天井 特徴 通常A 64回 基本モード 通常B 64回 通常Aへの転落がなく、次回対決連チャンに移行しやすい チャンス 64回 早い段階のベル回数での対決に期待 対決連チャン 7回 ベル7回以内に対決発展が確定 上記の通り対決連チャンモードに移行した場合、ベル7回以内の対決発展が確定となります
また朝一ベル7回以内で対決発展した場合は前日ベル回数を把握しておけば設定変更濃厚になると思います 夕方背景も同様で、 高確示唆というだけで高確確定ではありません
通常時の対決発展ベル回数に注目していればある程度モード推測が可能 何しろその台の設定が確定するケースもあるので、番長3の設定判別において一番大事な項目と言っても過言ではありません
さらに対決連チャンモードの天井である7回に近い場合となってきます 設定6が確定した台を打っていると対決の勝率が良く一撃の出玉がかなり出る場面が多く、art中も強制逆転抽選をしているんじゃないかと最近感じています
さらにこの初戦の対決で. 通常A・チャンスからのモード移行率 移行先 移行率 通常A 47. ベル回数 対決連チャン 1、2回 5. ART中の対決カウンターモード移行率. 0% 全モードで発生 32回 100% 全モードで発生 39回 80. 対決連モードの特徴 ベル回数7回以内の対決発展が確定 設定6ならほとんど通常Aには滞在しないことになります
奇数設定がループしやすい 重要なのはベル24回以内の割合 特に チャンスモードであれば、 24ベル以内で74%ほどは対決に発展します
緑&紫色変化はベル天井を示唆 パチスロ「押忍!番長3」の対決カウンターは、基本的に背景が黄色となっていますが、緑や紫といった色に変化することもあり 対決間ベル回数は、液晶の上のG数がそれにあたります
さらに 32ベル以内には約92% で対決発展するので、やはりハマりにくいモードだと言えます そのため、朝一最初の対決発展のベル回数は高設定でも深いベル回数が選択されてしまう可能性があるんです
押忍番長3の設定ごとの特徴 奇数設定 対決連&チャンスに移行はしずらいです このベル回数が規定回数に到達すると対決に突入します
30G以内に弁当が成立していない、 低確と確定する状況でチェリーのカウントをするのがポイントですね 偶数設定かつ高設定ほど通常B以上への移行率が優遇されているため、 通常A外のベル回数での対決発展が目立つようであれば、偶数設定&高設定期待度がアップ
36