コロナ 真相。 コロナとワクチン:新型ウイルス騒動の真相とワクチンの本当の狙い 船瀬 俊介 (著)

首都の中心部は、身動きできないほどの市民たちが抗議の行進をしている。

そのこっけいさは、前著『コロナと5G』(共栄書房)で暴いたとおりだ。

米国内では既に10万人以上の感染者がいるとされ、これは世界最多 さらに、タイミングがまるで中国が治まるのを待ってから広がり始めるなど、 あまりにも流れが綺麗すぎます。

— YuGon Nickhirano おまけが、こちら! アメリカの製薬会社が開発した エボラやSARSウィルスに効果があり 武漢のコロナにも効果があると実証された薬を 緊急事態と言う事で 中国当局に科学式を公開したところ 武漢病毒所が特許登録したというんです!! なんとも・・・ これが本当なら 今後、中国は国際社会から抹殺されるでしょうね。

原因は、実験動物を、武漢海鮮市場横流しにして、 武漢海鮮市場から世界中に拡大した。

キャンセルされる際は、方法は以下の2通りです。

の が である証拠です。

SARSは、むしろ実験で、これが本番。

今後の展開を見てみないと なんともいえませんが 調べてみて、どんどん疑惑が深まってきたのは事実です。

米国南部を経由して、蚊がウィルスを持ち込んでいると。

14

そして、世界の情報はCIAというスパイ組織が世界の情報を95%以上統制を取ってしまっている現状あり、存在しないウィルスをメディアや政治家を使って作り出す事は過去のパンデミック 意図的に作られたプランデミック の事例を見れば明らかである!! 人間は普段みているテレビや新聞/ラジオなどの公共メディアの情報を信じ込んでおり、メディアが危険と言えば危険と思うのが普通である。

これほどおいしい医療利権は、ほかにはない。

同組織が実施する調査は今後徹底され、より重要なことだが、中国の影響も受けなくなるだろうと考えている。

ビル・ゲイツといえば、有望ワクチンメーカーへの出資者。

そのミステリーに、欧米研究者たちは首をかしげている。

タカス族の文明の特徴は、終末再生思想に端を発するミイラ造り技術にあります。

中国政府はその後、公表しないよう通知を出したという。

記事の内容はチェン氏個人の見解です。

PCR検査で測定しているのは、病原性のない常在性ウイルスである可能性が高いのです。

75

18年、Institute for Disease Modelingでは「グローバル・フルー・パンデミック」と題したビデオを制作。

そのため、ミリ波を使うには約100㍍おきに基地局が必要となります。

この1月と6月の差が約4万人もある。

ただ調査員らが許可されたのは、中国側の国の科学者らが実施した研究の検証のみで、関連するデータや施設への完全なアクセスは認められなかった。

MIMOとは二つ以上の送信機と受信機を使用して一度に多くのデータを送受信する無線システムのこと。

日本では、年内に接種が終わるのかも疑問です。