岡田 更生 館 事件。 岡田更生館事件の場所(住所)はどこ?跡地はどうなってる?│奇跡体験アンビリバボー

脱走した元収容者・北川の証言では、事件発覚直前の1か月間で「50人から60人は死んでいった」ともあるが 、自然死と事件死数の内訳は不明 『挑戦: 特ダネを追う一匹狼』、1968年5月、73-117頁
」と涙声で訴えたことから、収容者は全員うつむいたまま、手を挙げる者は誰一人いなかった 収容者の飲食費や衛生費などとして県から交付された金のうち90万円超について、収容者の貯金を使った後の埋め合わせ、来館者の接待費、妻の入院費などに流用した
2019年9月27日閲覧 横溝正史疎開宅から少し上がった千光寺 獄門島のあの寺のモデル さんの裏山に、岡田更生館事件の記念碑があると知って少し戦慄… — 小笠原夏樹 mizutamaheidi 岡田更生館は当時の新聞に『模範施設』として取り上げられるほどの施設だったといいます
しかしながら大森らは、福岡県大牟田署が過去に行った調査を報じた3行ばかりの新聞記事を目にしていた 」と涙声で訴えたことから、収容者は全員うつむいたまま、手を挙げる者は誰一人いなかった
収容者には序列がつけられ、「作業場」と呼ばれる3か所のいずれかに収容された 本格調査のため、大森の要請 により現場取材のメンバーに加わった毎日新聞の記者・小西健吉は、岡田村の千光寺を探訪し、数十個のの骨箱を発見している
76

当時の日本は、米軍の爆撃を受けて主要都市が焼け野原となり戦災孤児が大量に発生していた上に、外地からの引揚者や復員兵の中には行き場のない人間も大量に発生していたそうですね。

『大森実の地球直撃野郎』東京スポーツ新聞社、1973年• しかし、やはりどれも執行猶予付きの判決でした。

公的捜査と裁判 [ ] 最終的に川又検事正が記者団を招集し、自らの目撃体験に基づいて特別談話を発表したことから、大石国警隊長を先頭に国警が記者らも伴って捜査に入った。

つまり、収容定員を超過していることが最大の問題だとの認識を示した。

もちろんこの事件に関わった関係者は 全員有罪判決となりましたが、そこで気になるのは こんなひどい事を2年もの間続けていた彼らに対してどんな判決が出たのかですよね。

この給付金の元となる収容者数を増やすべく、施設職員は路上の浮浪者を見つけては入所を促していた。

入所者は手紙を書けたが、全てされていた。

1949年5月10日に開催された参議院厚生委員会の審議では、事態発覚後に岡田更生館を視察した参議院議員・が以下の問題を指摘している。