精密採点ai 攻略。 LIVE DAM Ai(ライブダム アイ)の採点で高得点を取るには、新たな指標「Ai感性」の攻略が必要だった!

62
小手先で高得点が取れないように改善されたと考えられます。 抑揚高得点は必須。 1つは前作ほど 大げさに強弱をつけなくても抑揚の高得点を取ることができるようになったことです。 まとめ 前機種より全国平均点は高め 99~100点は前機種より取るのが難しい 抑揚は取りやすくなったが表現力への影響は少ない マイク遠近法は効果低くなった テクニックがより重要に Aiが採点しているわけではない可能性が高い 色々書きましたが、 個人的には精密採点Aiは良いと思います。 安定感・・・音程がブレていないかを踏まえた採点• あとはすべて97~98点です。 しゃくり60回以上、 こぶし30回以上入れられるなら間違い無い このページにより、採点マニアの皆様のカラオケライフが少しでも充実することを願っています。 99点以上が取りづらくなったことで カラオケバトルなどのテレビ番組での点数のインフレ化も抑えられましたしね。 前によくで流れてたらしいです しかし最高得点には届かず. 例えば、今回集計したデータの中に、少し違う傾向のデータが1つありました。
90

今日も1人でカラオケに行き、ひたすらaiさんと戯れてきました。

マンネリ化していた精密採点の判定基準を変えただけでも評価に値しますが、何より、 感情を込めて歌っても点数が下がりづらくなったことが個人的に嬉しいです。

この結果からもAiは、DXやDX-Gよりも点数自体は取りやすくなっているのだと思います。

精密採点Ai こぶし• いつになればブーストボタンを押せる日が来るのか・・・誰か押したことある人感想教えて!! 未知の体験!!「Ai感性」と対峙することになる 多分、みんなが一番気になっているであろう「精密採点Ai」。

声の質感や ビブラートの安定性や特徴、更には クレッシェンド、 デクレシェンドなどの点も意識した方が、得点はつきやすいです。

表現力点数の減点要素を無くす方法 重要 前項で説明した減点要素となり得る項目は、ユーザーが見えている範囲では、 しゃくり、 こぶし、 フォールになります。

DX-Gでは100点が取りやすかったので、それの対策かもしれません。

この結果から、 しゃくりは最低でも40回程度、できれば60回程度は必要。

520です。

18