押し目 買い と は。 上昇トレンド途中の効果的な買いタイミング(その2)-「押し目買い」

代表的なテクニカル指標で、相場の方向性を調べるのに役立ちます。 この時は素直に誤りを認めるしかありませんが、そもそも下げたところで買っているので、傷は深くなりません。 株価が下げている間は、それが押し目を形成している最中なのか、それとも下降トレンドに移行してしまったのかを正確に把握することができません。 押し目買いは、株価が「上昇トレンドにある」という前提での取引のため、その前提通りに株価が上昇すれば、資産を大きく増やすことができる可能性があります。 上昇して下がってきたところがMAで、MAがサポートになって反発して再び上昇という感じです。 買うのが早すぎると生み出す利益が小さくなってしまったり、場合によっては損失を被ることもあります。
42

上記のチャートを例として見てみましょう。

目安となるラインにもタッチしていませんし、移動平均線にもタッチしていません。

押し目買い・戻り売りの手法とは? ここからは、押し目買い・戻り売りの手法についてです。

このため、次のような手順で2回に分けて押し目買いするのが王道とされています。

では、押し目買いのタイミングはどのように測ればよいのでしょうか。

押し目買いのコツは、『移動平均線』を活用すること 押し目買いのコツは、 移動平均線の活用にあります。

筆者が押し目買いをするときは、株価が下落から少し上昇に転じて、押し目底候補(その時点では押し目底かどうか分からない)が生じた段階で買いに入ります。

41