子宮 内 膜 ポリープ。 子宮内膜ポリープ

胚移植までには竜胆瀉肝湯の服用は中止していただきます。 子宮内膜ポリープとは? そもそも 子宮内膜ポリープとは、子宮内膜の一部が増殖してできるキノコ状のイボのことを指します。 内膜ポリープの摘出には子宮鏡が最も適しており、この方法でなら外来で行うことも可能です。 腹腔鏡検査は麻酔下で行い、径3mmの小さな孔を介して内視鏡を腹腔内に挿入し、子宮・卵巣・卵管や周囲の腹膜の状況をくまなく観察します。 そのためにも、子宮や卵巣の病気と敵対するのではなく、できるだけ労わってあげたほうが、ストレスも減るでしょうし、余計なエネルギーを消耗せずに済むのではないかと思います。 治療でポリープを摘出しても再発することがあるため、定期検査は必要です。
1