医療 費 控除 出産。 数年前に払った出産費用や子どもの医療費。今から確定申告しても得するわけ

妊娠・出産に関わる費用で医療費控除の対象にならないのは以下のような費用です こんなものも医療費控除の対象?漏れなく申告するポイントとは ではどんなものが医療費控除の対象なのでしょうか
<事例> 家族構成:夫・妻・第1子(今年誕生) 年収:700万円 社会保険料等各種控除:150万円 医療費控除額:出産費用以外10万円・出産費用10万円 上記事例で、所得税の還付額は2万円です 医療費の自己負担額は、所得金額が200万以上の方は10万円となりますが、所得金額が200万円以下の場合 所得金額の5%となります
基本的に、治療と直接関係のないものは対象外となりますので注意しましょう そのため、年またぎであっても、出産費用にかかる医療費控除の申請は1回でOK
付加金・高額療養費・保険金 出産育児一時金のほかに、出産費用に対して付加金・高額療養費・保険金などのお金を受け取っている場合には、「 5 補てんされる金額」にその金額を記入します 約3万円の差! 医療費控除額が 10万円を超える 場合、 「年収が高い方」 が確定申告をした方がお得になる場合がある
厳密には異なるのですが、節税効果としては経費の計上と同じ効果を有していと言うことができるでしょう 「医療費控除」と該当する控除にチェックを入れて「入力終了(次へ)」をクリック 11. 75em;height:1em;cursor:pointer;margin-right:. 対象外となる代表的なものは、差額ベッド代ですね
通院費は、診察券などで通院した日を確認できるようにしておくとともに金額も記録しておくようにしてください e-Taxを利用する場合は、事前の設定が必要となりますので、時間に余裕を持って手続きすることをおすすめします
94