マルチ スケイル。 特性『マルチスケイル』のポケモン|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

「ぼうふう」は雨以外でメインとして使いにくいのがデメリット。

タイプ:• 先制攻撃技• ノーマル• ダメージ回復技• 対象変更 検索対象に含めるものにチェックしてください。

必ず後攻になる技• 技 カウンター 分類 ぶつり タイプ かくとう PP 20 命中 100 対象 不定 最後に攻撃を受けた相手 効果 自身が受けた物理ダメージの 2倍を相手に与える。

[特殊耐久] 特攻全振り性格補正無しラティオス@こだわりメガネ の「りゅうせいぐん」耐えが挙げられますが、耐久にかなり割かれます。

レベルアップ• カイリューとは? カイリューは600族と呼ばれる非常に能力が高いひこう・ドラゴンタイプのポケモンです。

役割は、主にエースとしての活躍を考えました。

欠点は HPが満タンの時しか効果を発揮しないという特性の仕様。

パンチ系• 踊り系• その他:• ドラゴン• 配布限定で覚える技• 耐久振りは調整次第で色々な使い方、立ち回りが可能になります。

しんそく 先制技です。

91
こおり• 状態異常:• 相手のランク下降:• せいしんりょくもステロ対策ではいいとは思いますが、マルチスケイルが一番いいと思います。 今回は好きなポケモンの一人であるカイリューです。 効果を持つ技のダメージは半減しない。 相手のランク下降:• りゅうのまい、げきりんを覚えさせる場合、しんそくは不要だと思います。 優秀な夢特性マルチスケイルを持ち多数の高火力技を覚えますが、こおりタイプに弱く、素早さが中途半端な所が泣き所と言えるでしょう。 の強化も相まって第5世代のトップメタに上り詰めた。 ランク上昇:• ひるみ• 鋼タイプ以外に半減されないのが優秀。 かなり使う頻度が高いです。 の自傷ダメージは半減しない。 ただ、この「マルチスケイル」の特性は、夢特性、隠れ特性と呼ばれるものなので、この特性持ちのルギアは、ウルトラムーンではゲットできません。
95
第7世代時点では限定である。 今回は、普通のサンムーンも含めてゲット出来ます。 素早さは調整もできますが、「でんじは」に期待する型なので必須ではありません。 特にバンギラスは「マルチスケイル」をも不発にする天敵で、カイリューを選出しにくくなるので注意。 種族値を見てもAがかなり高い上に耐久も高くSも遅くはありませんがDP世代まではマイナー気味の存在でした。 回復技• シリアルコードは、いつも通り、どれかのソフトで1回だけ使用可能です。 特性の仕様• ボールはプレシャスボール、リボンはウィッシュリボンです。 ドラゴンクロー : タイプ一致の安定技。 広い技範囲と先制攻撃技を駆使して、ガブリアスやボーマンダといった強力なライバルと差別化しましょう。
10