電動 キック ボード 免許。 「電動キックボード」使い道で適用免許が変わる!? 警察庁のパブコメでわかった、道路交通法特例はとっても複雑

5
また、歩道を走行することはできません」 つまり電動キックボードは、日本では一般的な原付バイクと同じ扱いになるため、運転免許はもちろん、ナンバープレートが必要なだけでなく、道路運送車両法の保安基準も満たしていなければなりません。 また、その他にも 市町村への登録とナンバーの標示、自動車損害賠償責任保険(共済)契約の締結が必要となります。 ということはですよ、電動キックボードで走るためには、免許を取らないといけないのです。 100kg• 特例なので、一般的制度ではない」。 現在電動キックボードはいわゆる「原付」と同じ区分で、走行は車道のみで要免許・ヘルメットとなっています。 自動配送ロボットや電動式の立ち乗り二輪車、それに電動キックボードなど新しい小型の乗り物の開発や普及が進んでいますが、現在の道路交通法では明確に規定されていない製品もあり、警察庁は有識者による検討会で議論を進めてきました。 さらに、こんな疑問もあります。
98