中村 七之助。 中村七之助 (2代目)

58

初代中村勘三郎は、江戸で最初に常設の芝居小屋を建てた人物で、はじめは 猿若 さるわか勘三郎と名乗っていました。

獅童さんは真面目にやって面白いところと、爆発的な感じがうまく噛みあうんじゃないかなと思いました。

七之助さんは市川猿之助さんとともに「義経千本桜 吉野山」に出演。

しかも、乗ったのは1台のタクシーだけではありませんでした。

「精神的にもきつかったですね」と振り返る。

2020年10月26日閲覧。

個人的趣味というよりも、 映画の役作りのためですけどね。

5月から歌舞伎座で3カ月間、その後も1年以上かけて地方を回ることになります。

あら、そうなの、なんて思っていたら、 何かの折に、 「こんな記事が出ちゃってさ~、俺初めて知ったよ。

平成29年 8月 (歌舞伎座) 『刺青奇偶』お仲/『歌舞伎座捕物帖』女医羽笠/『野田版 桜の森の満開の下』夜長姫 10月 (歌舞伎座) 『マハーバーラタ戦記』鶴妖朶王女/『沓手鳥孤城落月』豊臣秀頼/『漢人韓文手管始』傾城高尾 11月 『藤娘』藤の精 12月 ロームシアター京都 『寿曽我対面』曽我十郎/『人情噺文七元結』和泉屋手代文七/『大江山酒呑童子』源頼光 平成30年 1月 (歌舞伎座) 『箱根霊験誓仇討』女房初花/『菅原伝授手習鑑』「車引」桜丸/『双蝶々曲輪日記』「角力場」藤屋吾妻 2月 (博多座) 『お染の七役』油屋娘お染・丁稚久松・許嫁お光・後家貞昌・奥女中竹川・芸者小糸・土手のお六/『義経千本桜』「渡海屋・大物浦」源義経/『鰯賣戀曳網』傾城蛍火実は丹鶴城の姫 3月・4月 (全国12カ所) 『枕獅子』傾城弥生後に獅子の精 5月 (シアターコクーン) 『切られの与三』与三郎 6月 (まつもと市民芸術館) 『切られの与三』与三郎 6月・7月 (カナル劇場) 『藤娘』藤の精 4. 中村屋メンバーを中心に開催された5月のコクーン歌舞伎と同じ内容での舞台となります。

69