メダカ 卵 白い。 メダカの卵の色の違いで起こっていること。透明・黒い・白濁それぞれの理由

すると死卵の他、卵に着いている付着糸やゴミなどが取り除くことができる。 ・その程度であれば、治療すれば治る可能性はある。 。 次に、 有精卵であっても、水温が低かったり、日光など光が適切に届いていなくて、卵の成長速度や成長の状況が順調ではない場合もです。 塩をいれるのも効果的です。 体が斜めになっていないか、酸欠になっていないかなどチェックしてあげましょう。
93

まず、卵が沈んでいる場合は 今のところ順調に育っていると 思って良いでしょう。

したがって、 適切な温度管理のもとで元気な卵を育て、 卵自体に抵抗力をつけてあげることも、 一つのカビ対策だと言えるのです。

ただ、メダカの卵を育てるということに関しては、 カルキが入っているということがプラスに働く場合もあります。

飼育数を少なくする 狭い水槽に多くのメダカを飼育すると、体がこすれたりしてストレスを感じやすくなります。

メチレンブルーを使用する場合、卵を薬漬けにするようで抵抗がある方もいるかもしれませんが、先ほどの水道水と同じ理由からメチレンブルーを使用してもメダカの卵に害はありません。

稚魚の成長過程を確認できるのも メダカ飼育の面白いところですので、 毎日観察してみてくださいね! 卵がどのように成長するかは、 こちらの記事で詳しく解説しています。

薬浴を開始して5日程度で完治します。

77