フォート ナイト セックス。 PUBGはなぜフォートナイトに負けてしまったのか|クルス|note

現実を忠実に再現したPUBGとゲームとしての面白さを追求したフォートナイト PUBGでは平面上の戦いで、あとは銃のエイム勝負という、現実世界とあまり変わらない戦い方となっている。

毎回違った戦い方で楽しめるという点がプレイヤーを飽きさせない。

ルールは1100人で戦い最後まで生き残った人が勝つというものである。

自分でプレイするのも。

embeddedAdsSpotDefaultLoaded,r. しかし、最終的にはエイム勝負になってしまうため、ゲームの幅が少なくワンパターンになってしまう。

フォートナイトは販売形式。

一部ゴミ武器(ミニガン、スコープAR、セミオートSR)が存在するがそれ以外はレア度に沿った強さとなっている。

スタンダードなFPSをベースにしたバトルロイヤルなので、他のFPSゲームからの参入障壁は低い。

建築で相手よりも上から撃ったり、ジャンプ台で空を飛んで奇襲したり、ロケットランチャーに乗ってスナイプしたり、トラップで倒したりと様々な攻め方がある。

まとめ 以上のような理由で今の現在があるんだと思った。

バトルパスとは二ヶ月に一回購入できるもので、毎週様々なチャレンジが開放される。

12
また後述するバトルパスの影響もあり、PUBGと比べ物にならないほど戦闘が多く発生する。 PUBGは自分から動かない、むしろたくさん動いたら負けという消極的なプレイなのに対し、フォートナイトは自分で建築して、敵に攻撃を仕掛けていくという積極的なプレイという違いがある。 個人的な意見だと、PUBGよりもフォートナイトのほうが好き。 フォートナイトでは建築により高さを活かした立体的な戦い方に加え、多彩な戦い方が用意されている。 PUBGではドン勝できないプレイヤーはどんどん離脱するが、フォートナイトではバトルパスでうまく離脱を減らしている。 PUBGはやることはあまり変わらないが、フォートナイトでは戦い方が変わるような要素を速いペースで投入して飽きられにくい。 ただフォートナイトは求められるプレイヤースキルもPUBGと比べて高いので、ゲームに勝つことはPUBGよりも遥かに難しい。 PUBGは消極的なプレイになりがち、フォートナイトは積極的なプレイができる フォートナイトはPUBGと違って積極的なプレイが必要となってくる。
38