日野 てる子。 日野てる子

「南国の夜/月の夜は」 SDR-1090 1965年5月1日臨発• 詳しくは をご確認ください。

かんさつしよう(リズムと生活シリーズ No. この「夏の日の想い出」から始めて、EPレコード シングル盤 を買い揃え始めた。

しかし、そんな僕の絵を初めて褒めてくれたのが、 堤先生でした。

猫顔だったからだろうか。

日野てる子の美しい歌声は、なぜか日本人の根源的な郷愁を誘うものでした。

どうしても、レコード時代によく売れていたものからCD化されてゆく。

54
このように、お手本が父親の超絶技法の完成された絵なので、その完成度を目指す僕は、何を描いても遠く及ばず、自分で描いた絵を見て、泣きそうになるのが常だったのです 63歳没
ディスコグラフィー [ ] シングル [ ]• 芸名 日野てる子• サウンドは一人GS調とはいえコーラスは一昔前のノリだしボーカルのベクトルも何か違うが詩は好きだな 道(日野てる子ヒット・アルバム) SLJM-1333、1967年3月新譜• 2人の子供たちも成長し、同じ音楽の道へ進むことになって歌手活動を再開
「若い朝/そのことは云えない」 SDR-1123 (A面は連続テレビドラマ「寒い朝」主題歌、B面は同名のTBSドラマ主題歌) 1965年7月5日発売• 本当は演歌を本職にしたいけど、アイドル歌手のオーディションを受けて受かってしまった城之内早苗さんとか、AKB48に在籍した岩佐美咲さんなど、本来の本筋とは外れますが、売れるために仕方なくやったことなのかもしれません 本分のハワイアンとは趣を異にする曲ではあったが、100万枚を超えるとなったことから自身の代表曲となり、同年のにも初出場を果たした
日野てる子 ハワイアン・デラックス SMR-3044、1969年5月5日発売• 日野てる子 ベスト・セレクション 廉価版CD 全18曲 TRUE-1028• 」 堤先生 「だけ良いんよ、これはかっちゃんにしか描けんバナナやろ、おいしそうやん、これはかっちゃんだけのバナナなんよ 「港の丘に泪して」「北国の初恋」• スポンサーリンク 出典:〔amazon〕 今回は日野てる子さんを取り上げます
とくに「カイマナ・ヒラ」「島の唄」「真珠貝の歌」「珊瑚礁の彼方に」あたり しかし、いざ実際にCD時代に入ってみると、そのようにして相当数のレコードを処分してしまったことを後悔する羽目にになる
また、ペプシコーラの出していた「ミリンダ」という飲み物 コカコーラのおける「ファンタ」のような位置づけ このうち、第16回と第17回は歌唱映像が現存し、両方とも『思い出の紅白歌合戦』(NHK-BS2)で、日野の歌唱を含め全編がされている
「海ほうずきの思い出」「南国の夜」• 「泣きぬれる夕陽に/爪をかむ少女」(A面は同名のTBSテレビ映画主題歌) SDR-1042 1964年10月20日発売• 長いストレートの黒髪と花のがであった 年賀状にまで返事が来た
ファンレターだかラブレターだか判然としない手紙も随分出した 「サビタの湖」「若い朝」• 、歌手としてよりデビュー
久しぶりに『夏の日の想い出』を聞くと、ただただ毎日が悩ましかった43年前の自分が遠くに見えてきます 「道/水色の雨にぬれて」 SDR-1222、1966年8月5日発売• 」 僕 「……
77