横浜 ビー コルセ アーズ。 横浜ビー・コルセアーズ

2016-2017シーズンの17位から1つ順位は上がった事で残留プレーオフのホーム開催権を手に入れたとはいえ、2年連続の下位に沈む結果となった。

相手チームの選手と談笑している選手なども見られ、この時間帯は、コート上も穏やかな雰囲気に包まれています。

選手構成は、前シーズンからの契約継続が生原秀将 、レジナルド・ベクトン 、エドワード・モリス 、パトリック・アウダ 、森井健太 、須藤昂矢 、森川正明 の7名。

横浜国際プールは、その名の通り、国内最大級の国際公認プールとして、夏季期間は数多くの国際大会も開催する施設。

後任の通訳にはBritish Columbia Christian Academyのポイントガードだった甲斐将志が就任した。

2021年1月20日閲覧。

レギュラー・シーズンでは、シーズン開幕直後の2017年10月9日レバンガ北海道戦の試合中に右足アキレス腱断裂の負傷、は練習中に左足アキレス腱を負傷で戦線を離脱。

ヘッドコーチ交代後も浮上のきっかけをまったく見いだせないままチームは不振にあえぎ、3月19日の戦から4月22日の新潟戦まで泥沼の10連敗を喫した。

ゼネラルマネージャーには代表取締役社長の植田哲也が兼務となり、アシスタントゼネラルマネージャー兼アシスタントコーチの山田謙治は継続となった。

新加入は、元信州の、フィンランドのから、のから、富山から 、からが入団した。

11