糖尿病 症状。 糖尿病の症状チェックリスト

人間の体では連日の急激なブドウ糖上昇に対応できずに糖尿病になってしまいます また、有酸素運動と合わせて筋トレもおすすめです
その合併症のなかでも 最も頻度が高く、初期症状として気づきやすいのが「足」の異変です 診断基準は次のとおり• インスリンは、体の中で唯一血糖を下げるホルモンで、食後に血糖が上がらないように調節する働きがあります
感染症によくかかる 高血糖が続くと細菌、ウイルス、などに対する抵抗力が弱くなってしまい、インフルエンザや結核など 感染症の全般にかかりやすくなります 2型糖尿病の治療法 糖尿病は完治することはできませんが、血糖値をコントロールすることで健康な人と変わらない状態を保つことができます
糖尿病腎症は、初期の段階での血糖コントロールが重要です 予防が大事なことはもちろんですが、治療のためには初期のうちに糖尿病に気づくことが重要です
その他の原因• これが、血糖値の高さにつながっています 本来食べた物は胃で分解され、ブドウ糖という栄養分になり、腸から血液へと出て行きます
脳梗塞…麻痺や失語などの後遺症を残したり、介護が必要になったり死に至ることも 心筋梗塞…強い胸の痛みがあり、死に至ることも 糖尿病網膜症…視力が低下し、最終的に失明することも 糖尿病腎症…腎機能低下や腎不全を起こし、透析が必要になることも 糖尿病神経障害…足や手にしびれや痛みが起こり、壊疽を起こして切断しなければならなくなることも 感染症にかかりやすくなる/傷が治りにくくなる/歯周病が悪化する/排尿障害/ED(勃起障害). 糖尿病は太っている人がなる病気と思われがちですが、糖尿病を発症すると体重が減ることがあるのです 血糖の濃度(血糖値)が何年間も高いままで放置されると、血管が傷つき、将来的に心臓病や、失明、腎不全、足の切断といった、より重い病気()につながります
その尿は あまい臭いがします 足が冷える• また、糖尿病であることを知らずに長期間未治療でいた場合、すでにこれらの症状が出ている方もたまにいらっしゃいます
しかし、このような薬による2型糖尿病の発症予防効果は生活習慣の改善をしっかりするのと変わらない程度です 動脈硬化が進む• 足がつる 足を毎日のようによくってました
足がしびれる• 図4:2型糖尿病の2つの因子 2型糖尿病の発症リスクを高める要因として、日本人の40~59歳の男女を10年間追跡した調査により、以下のことがわかりました その結果、細菌に感染し、最終的には細胞が壊死するため 足を切断しなければならないこともあるのです
コーヒーや紅茶には、 できれば砂糖は入れないようにしましょう 注射する薬• 血糖値を正常に保つためには、食事内容の見直しが欠かせません
食事の回数がバラバラだったり、好きな時間に食べたりしていると、栄養が脂肪として蓄積されてしまいます 以下で2型糖尿病の発症原因と主な症状について見ていきます
信頼できて食事や運動など日常生活の悩みをしっかり相談できる主治医を見つけることはとても大切で、細かな薬の使い分けなどよりも影響が大きい部分かもしれません そのため、早期発見、早期治療が肝心と言われています
糖尿病の治療は食事療法・運動療法・薬物療法が基本です 患者さんにとっては 1) 症状がないので、必要性を感じない 2) 検査結果が悪いことは理解しているが、受診する時間がとれない 3) 病気になったことが、確定するみたいでいやだ! 4) 薬はイヤ!! 5) 医者がキライ!! 6) どこへいけばよいか、わからない!! (財団法人長寿科学振興財団 健康長寿ネットより改変) となっています
その中で、末期にあらわれやすい症状についても確認しておきましょう しかし、治療せずにそのまま放置してしまえば、かなりの高確率で本格的な糖尿病になってしまうでしょう
82
最初は食事療法と運動療法で血糖コントロールを行い、それでも改善されない場合は薬物療法を取り入れていきます 腎移植を受けない限り透析を続けていく必要があり、病院に通い続けなければなりません
肥満で精神的ストレスがあり、アルコールを摂取する人の発症リスクは高くなっているようです 糖尿病治療をはじめて手足などに痛みが出てきたら、に相談してください
こうした生活習慣は、インスリンが十分に効果を発揮するのを妨げます() そのため、お腹の赤ちゃんに十分な栄養を与えながら、細やかな血糖管理をすることが大切です
すると、によりを下げるインスリンというホルモンがうまく働かなくなる状態がはじまり、だんだんが下がりにくくなってきます 一方、筋力トレーニングとはダンベル運動や腕立て伏せなど筋肉に負荷を与える運動のことをいいます
糖をエネルギーとして使うにはインスリン(鍵)が必要となります 「インスリンが十分に働かない」ってどういうこと? 糖尿病になるとインスリンが十分に働かず、血糖をうまく細胞に取り込めなくなるため、血液中に糖があふれてしまいます 糖尿病腎症をはじめとした合併症を発症する 糖尿病を発症して間もない頃は、身体のだるさや喉の渇きを感じる程度です
3