所得税 コロナ 猶予。 源泉所得税にも新型コロナの納付期限延長の特例あり。

新型コロナの感染が今後も続けば、さまざまな業種で経営悪化が深刻になる可能性もあることから、業種は限定せず延長を認める公算が大きい そのため税金を支払えない人は、税金の猶予や減免が受けられないか必ず確認してみましょう
納付猶予制度を利用している間、将来的な年金の受給額が増えることはないが、受給資格期間は伸びるため、単に「未納」扱いになるよりは断然よい 2020年分の確定申告の期限は、次のようになっています
併せてご確認ください 「延滞税」は、納付期限から納付日までの日にちに応じてかかってきますので、早めに納めましょう
業種の制限はなく、大小問わず全ての事業者が対象 〈純損失の繰越しと繰戻し〉 〇 事業所得等が赤字となり、 純損失が生じたときは、その 損失額を 翌年以後3年間にわたって各年分の所得から差し引くことができます( 純損失の繰越し) 所得税法70条1項
仮決算による中間申告に係る申告書の作成に時間を要する など、中間申告書を提出期限までに提出することが困難となる場合が考えられますが、このような場合にも、提出期限の延長が認められます 税金を払えないからといって、決してそのまま放置してはいけません
52
適用する場合は別途、税務署に申請手続きが必要になります。 個別延長の対象 問3 期限の個別延長の対象となる手続〔令和3年4月6日更新〕 申告以外の届出や申請なども期限の個別延長の対象となりますか。 給与が減ったために生活が苦しくなり住民税や固定資産税を1度で支払えなくなった 特例制度の対象となるのは、 令和2年2月1日から令和3年1月31日までに納期限が到来する住民税や固定資産税、都市計画税、自動車税など、ほぼ全ての地方税です。 〇 また、 令和元年分確定申告書の提出日より前に、令和2年分確定申告書を含む他の申告書・申請書等を提出した場合には、 令和元年分確定申告書を提出することができないやむを得ない理由があったとは原則認められず、期限後申告として取り扱われることとなるのでご注意ください。 〔個人・法人共通〕 税務代理等を行う税理士(事務所の職員を含みます。 ) 延滞税年1%に軽減(個別事情がある場合には延滞税はかからない) (通常は年8. なので、給与を毎月払っているところは、基本的に毎月源泉所得税を納める必要があります。 最新の情報では、2月2日以降に納期限が到来する国税に関しても この特例納税猶予が受けられることが決まりましたので、 要件に該当する方は税務署へ相談して 申請するようにしましょう。
82
同庁においては、新型コロナウイルス感染症の影響により、納税が困難な 納税者に対し、納税の猶予等の納税緩和措置を適切に適用していく方針とし ています。 (全般的なお問合せ)• 納税の猶予制度の特例• 学校の臨時休業の影響や、感染拡大防止のため企業が休暇取得の勧奨を行ったことで、経理担当部署の社員の多くが休暇を取得していること• 税理士試験関係• 〇 なお、個別の申請により申告期限等が延長されるのは申請を行った方のみとなり、申請を行っていない他の相続人等の申告期限等は延長されませんのでご注意ください。 〇 令和2年分確定申告については、換気・消毒・距離確保といった感染症対策や時間指定の入場整理券の導入等など、あらかじめ様々な感染症対策を講じており、更に、十分な申告期間を確保して確定申告会場の混雑回避の徹底を図る観点から申告期限・納付期限を一律に延長しました。 ただ、延長された期限が近づくこれからは、やはり窓口が込み合う可能性があります。 〇 具体的な申請手続については、以下のリンク先をご参照ください。 )が感染症に感染したこと 納税者や法人の役員、経理責任者などが、現在、外国に滞在しており、ビザが発給されない又はそのおそれがあるなど入出国に制限等があること 次のような事情により、企業や個人事業者、税理士事務所などにおいて通常の業務体制が維持できない状況が生じたこと• 対象となるのは次の国税です。 感染症の患者に濃厚接触した疑いがある• 具体的には、申告書の作成又は提出することが可能になった時点で税務署へ申し出れば、個別に申請することにより、申告期限の延長の取扱いを受けることができます。 また、下記の緊急小口資金又は総合支援資金の貸付を受けた方又は受けようとする方については、託送料金等の支払期日を1ヶ月繰り延べる等の措置を講じられています。 発熱の症状があるなど、感染症に感染した疑いがある• しかし、2020年12月15日の時点で、「2020年分の確定申告の前または同時に行なうこと」と告知されました。