カナエ 童磨。 カナヲが童磨(どうま)に煽り口調の理由は?暴言と表情の変化についても

「それじゃあ、カナエちゃん外に行こうか」 横に抱き上げて、外へ連れ出した。 何も感じない童磨は喜び悲しみ怒りや感動も理解できない、滑稽で馬鹿みたいだと口撃を続けます。 それでも諦めずに彼を説得し、ついに「自分の屋敷の裏庭にある巨岩を少しでも動かせたら推薦する」との言質を取った。 カナヲはギリギリ交わしますが、その間に隙を見せてしまったため、 日輪刀を奪われ絶対絶命のピンチに陥ります。 そんな童磨を カナヲは過去の自分と重ねていたのではないでしょうか? 過去の自分の嫌な部分を見ているようで、カナヲ的には結構イライラする相手なのかもしれません。 童磨はカナヲが体の動きをみて次の攻撃を予測していることに気が付きます。 独孤は動じていない。 眼球というものはとても繊細です。
38

伊之助の猪の被り物を奪った童磨は、伊之助が過去にどこかで会ったと気付きます。

しかし、ここまでの技量は無かったはずだ。

君もさ、あの柱の子が弱くて可愛くなかったら、大事にしてないだろう?」 ピタリと笑いが止まる。

このことは鬼滅の刃第7巻61話の「番外編」に掲載されています。

俺達はおっさんやしのぶなんかよりも動ける」 「でも伊之助!」 「心配だったらとっとと鬼の大将のボケをぶっ殺してやればいいだろうが!! んな簡単な事わかんねぇお前じゃねえだろーがボケ!」 半ば無理矢理引きずって駆け出そうとする伊之助にカナヲは根負けしたのか分かったと言って立ち上がる。

そのため童磨と伊之助はすでに会ったことがありました。

全方位に斬撃を放つ技。

起死回生の一手と思われましたが、無惨に 「なるほど、いるな。

8

追加で生まれた御子は三体。

なんて尊い人なの 毒でその場に倒れ込んだ童磨でしたが、苦し紛れに血鬼術 霧氷・睡蓮菩薩という大技を出しました。

カナタはカナヲ似の美男子。

しのぶちゃんもこんな顔をするのだろうか、想像すれば胸の心臓が大きく高鳴った。

お爺ちゃんお婆ちゃんになってもずっと一緒に。

56