虚空 蔵 菩薩。 虚空蔵菩薩

虚空蔵菩薩の虚空蔵とは、宇宙のように広大な宇宙意識の集合体のことで、無限の知恵だけでなく、人類の転生、人生の記録が全て収められた貯蔵庫のようなものです。

・法界(ほうかい)虚空蔵:方角は中央、身体は白色。

像容は、右手に宝剣、左手に如意宝珠を持つものや、法界定印の掌中に五輪塔を持つもの、右手は掌を見せて下げる与願印(よがんいん)のとし左手に如意宝珠を持つものなどがある。

金剛界曼荼羅の賢劫十六尊の中にいる。

奈良額安寺や福島能満寺には8世紀のが伝わり,平安時代の作としては広隆寺,奈良北僧坊,滋賀金勝寺,三重勝因寺に伝わるが知られる。

まあとにかく、「虚空蔵」は文字通り「虚空の蔵」の意で、虚空蔵菩薩とは広大な宇宙のような無限の智恵と福徳と慈悲が無限に内蔵されていて、それを自在に取り出して迷える衆生を救う菩薩さんで、胎蔵界曼荼羅の虚空蔵院の主尊であり、密教では金剛蔵、金剛宝ともいい、大変重視されている菩薩である。

14 98