臭い 玉取り たい。 臭い玉(膿栓)の取り方で失敗した【綿棒編】

アルカリには、たんぱく汚れを分解する働きがあるため、喉を清潔に保つことができるからです。

歯ブラシの振動などを利用して「臭い玉」を取ろうとしても、 そもそも歯ブラシというのが、固い歯を磨くためにできています。

規則正しい生活を送る 臭い玉を予防するためには、規則正しい生活を送りましょう。

慣れるまでは大変ですが、臭い玉を作らないようにするためですので、頑張りましょう。

また、口呼吸をすると空気中のホコリやウイルス、細菌などを直接取り込んでしまい、扁桃に付着することが増えるため、膿栓ができる可能性が高くなります。

耳鼻咽喉科に行っても、慢性扁桃炎による膿栓の場合には何度でもたまるからとか、特に問題がないという理由から膿栓を取り除かないことが多いようです。

むしろ押し込んでしまったようで、穴の奥に白いものが見えるのに、全然頭が出てこず、余計とりにくくなって、今でもまだ臭い玉があります。

77