和製 バフェット。 「和製バフェット」からの伝言 債務バブルに警鐘 CAMPFIREコミュニティ

私の投資手法にも影響を与えていますので、是非一度ご覧になってみて下さい 日本にも「和製バフェット」と呼ばれた個人投資家がいた
別に高配当投資だって、ESG投資だって、インデックス投資だって自分のお金で行うのですから、自分が納得してどんな結果になったとしても後悔しない銘柄に対して投資を行えばいいのです 決算短信や月次情報といった誰でも手に入れられる公開情報を活用しながら、じっくりと新興市場の株を信用取引でなく現物で集中投資し、長期保有しながら大化けするのを待つ投資手法のようだ
インカムゲインとして日本株とREIT、トータルリターンとして米国株という位置づけにしています バフェット太郎さんは毎月ブログ収入200万以上、月に50万くらい平気で株式を購入したりしています
いくら金があっても、健康を害してしまえばその金で楽しむことも出来ないからね ここに先述の バフェット太郎さんや私の指針である三菱サラリーマンさんとの大きな違いがあります
私の投資手法に影響を与えた和製バフェットさんとは いろいろ情報が取得しやすい世の中です ま、そういうことや
そして...その不摂生がたたり、健康診断の結果再検査を受けることに 五味氏の買いがそーせいの株価に火を付けた可能性は否定できない
大株主として見えないポジションも含めると200億円を超える資金を運用していると言われている 私基準で言えば、バフェット太郎の投資方法も、和製バフェットの投資方法もクソカッコイイ投資家です
90

「投資の神様」といえば米国の投資家ウォーレン・バフェット氏。

世間から嫌われてるがゆえに株価の値動きが激しいが、きちんと配当を支払い、毎年増配をし、配当再投資をきちんとした投資家を莫大な金持ちにしてきたと。

9月末の株価は1万7710円。

今回は、この竹田製菓の創業者であり代表でもある、竹田和平氏についてお話ししていきたいと思います。

一握りの優良銘柄とは投資家に高いリターンをもたらしてくれる銘柄のことだから — 和製バフェット waseibuffett 書籍も出版されている超有名米国株ブロガー バフェット太郎さんのパクりじゃね? ということを感じたあなたはなかなか鋭いですね。

しかし、人的資本を投下して残業時間を増やし、毎日の支出をできるだけ減らしていっても毎月投資することのできる金額は10万くらいがせいぜいといったところです。

私自身、業界内では比較的給与の高い企業で働いていますが、年功序列ということもあり、数年の経験では大した給与はありません。

具体的に彼のポートフォリオは、2019年6月時点で以下のようなものです。

十人十色という言葉があるように、一人一人、どこが大事なのかはそれぞれ違うでしょう。

孫悟空は、お釈迦様の手のひらの上で暴れまわってただけや。

まあこのあたりも実際に投資をしてみないことにはどちらの投資手法が正解かというのも見えてきません。 今後リセッションが騒がれている中では、高配当株への投資の方が正解かもしれません。 五味氏の保有株式は大株主になっている銘柄だけで165億円 五味氏は、そーせいだけでなく多くの企業の大株主として名前がでている。 そーせいの9月末の株価は1万7710円。 それでは。 日本株 銘柄名 取得単価 数量 投資金額 証券会社 2,726円 3 8,178円 554円 100 55,400円 REIT 銘柄名 取得単価 数量 投資金額 証券会社 iSJリート(1476) 1,974円 5 9,870円 サムティ・レジデンシャル投資法人(3459) 94,300円 1 94,300円 96,500円 1 96,500円 米国株 銘柄名 取得単価 数量 投資金額 証券会社 SPDR ポートフォリオ米国総合債券ETF SPAB 28. しかし、その彼ですが、以前には高配当銘柄に投資しています。 笑 そもそもバフェット太郎さんといえば米国株界隈の方には説明不要かと思いますが、 彼の投資手法は「バフェット太郎10種」というポートフォリオを作り、米国の高配当優良10銘柄に均等に投資、毎月リバランスをしていくというものです。
27